遺骨相談ドットコムの申込み方法とは?遺骨の供養にお困りのあなたへ

遺骨相談ドットコムは、あなたに代わって提携先の霊園にて、納骨から供養までを行ってくれるサービスです。

気になる遺骨相談ドットコムの申込み~送骨までは次の5つの手順で簡単にできます。

  • フォームから申し込む
  • 銀行振込の方は返信メールに記載の口座へ料金を振込む
  • 入金確認後に送骨梱包キットが送られてくる
  • 送骨梱包キットが届いたら梱包マニュアルに従い梱包する
  • 梱包が終わったら同封の「ゆうパック着払い伝票」を張り付けて郵送する

上記のように送骨までの流れはそれほど難しくはありません。

送骨梱包キットに同封されている「梱包マニュアル」に従って梱包できるので送骨の準備も簡単にできます。

また、送骨の際は遺骨のほかに「火葬許可証」または「埋葬許可証」が必要なので準備しておきましょう。

大切な故人の遺骨を供養したいけど、さまざまな理由があって今までできなかったという方は一度相談してみましょう。

「合葬」という形ですが、ちゃんと供養してもらえればあなたの心もきっと軽くなりますよ。

\ 宗派不問・管理費不要 /

今すぐ遺骨相談.comに申し込む

無料で相談できます

遺骨相談ドットコムの申込み~送骨までの手順はたったの5ステップ!

遺骨相談ドットコムの申込み~送骨までの手順はたったの5ステップ!
  • フォームから申し込む
  • 銀行振込の方は返信メールに記載の口座へ料金を振込む
  • 入金確認後に送骨梱包キットが送られてくる
  • 送骨梱包キットが届いたら梱包マニュアルに従い梱包する
  • 梱包が終わったら同封の「ゆうパック着払い伝票」を張り付けて郵送する

遺骨相談ドットコムの申込み~送骨までの手順は、以上の5ステップで簡単にできます。

②の支払いに関してはクレジットカードを選択すれば、振込む手間はかかりません。

梱包キットによる送骨もマニュアル通りにすればいいので難しくないですよ。

しかし、送骨に関しては遺骨以外に「火葬許可証」または「埋葬許可証」が必要になるので注意が必要です。

「火葬許可証」または「埋葬許可証」 がない焼骨は「墓地、埋葬等に関する法律」により埋蔵を禁止されているので受け付けてもらえません。

「火葬許可証」または「埋葬許可証」がない場合は?

「火葬許可証」をもし紛失していても、再発行は可能なので安心してください。

再発行の方法は地方自治体により異なります。

火葬を行った地域の役所で相談するといいでしょう。

「埋葬許可証」の発行方法も、自治体によって異なります。

現在、焼骨のある地域の自治体に問い合わせてください。

ちなみに「改葬許可証」の発行に必要な「改葬申請書」は、自治体のホームページでダウンロード可能なところもあるので確認してみましょう。

遺骨相談ドットコムにはどんなプランがある?

 遺骨相談ドットコムにはどんなプランがある?
  • 永代供養塔への合葬のみ(合葬お知らせメールあり)…49,800円
  • 永代供養塔への合葬(名札付・埋蔵証明書発行)…79,800円
  • BOX型納骨室(ご遺骨を20年間個別に安置後、合葬)…398,000円

※価格は税込み価格です。
※年間管理費はかかりません。

遺骨相談ドットコムには上記の3つのプランがあります。

それぞれ特徴がありますので、ひとつずつ見ていきましょう。

また、気になる点や詳しく聞きたいことがある方は相談時に質問してみましょう。

永代供養塔への合葬のみ…49,800円

永代供養塔への合葬のみ

永代供養塔への合葬のみを執り行うもっとも料金の低いプランです。

以後の管理費用はかからないため、49,800円(税込)で個人の供養を執り行ってもらうことができます。

あと、合葬のお知らせをメールで受け取ることができます。

永代供養塔への合葬…79,800円

永代供養塔への合葬

永代供養塔への合葬という点ではさきほどのプランと同じですが、こちらは墓誌に故人の名札が納められます。

故人の名前を残したい、子孫に誰が眠っているのか伝えたいという方におすすめです。

また、埋蔵証明書発行が発行されるのも特徴です。

BOX型納骨室…398,000円

BOX型納骨室


遺骨を個別に20年間安置してから、合葬するというプランです。

「いきなり他人の遺骨と合葬するのはちょっと…」という方におすすめですね。

20年間は個別のBOX型に納骨されることから、ご自分が動ける間は会い(墓参り)に行きたいという人にもおすすめです。

合葬になると個別のお墓への移動はできなくなるので、仮にお墓を建てる予定があるのであれば唯一、遺骨を移動することが可能なプランでもあります。

遺骨相談ドットコムの支払い方法は?

 遺骨相談ドットコムの支払い方法は?
  • クレジットカード
  • 銀行振込

遺骨相談ドットコムの支払い方法は上記の2種類です。

クレジットカードのほうが銀行に振り込む手間がないぶん、早くて楽ですね。

カード払いが苦手な人には銀行振込での支払いもできるので、やりやすい方法で支払いましょう。

遺骨相談ドットコム利用時の注意ポイント

 遺骨相談ドットコム利用時の注意ポイント
  • 合葬のため、あとで遺骨を引き取ることができない
  • 発送はゆうパックのみ
  • 「火葬許可証」または「埋葬許可証」が必要

遺骨相談ドットコムを利用すると「合葬」というかたちをとるため、あとで遺骨を返還することができません。

そのため、個別の納骨を希望する場合はBOX型納骨室を利用するか、遺骨相談ドットコムを利用しないほうがいいでしょう。

BOX型納骨室も20年後には合葬になるので、事前に遺骨の供養をどうしたいのかをよく相談したほうがいいですね。

発送に関しては、現在「ゆうパック」しか対応していません。

また、送骨梱包キットで送骨の準備をする際に「火葬許可証」または「埋葬許可証」が必要になります。

このどちらかがないと遺骨の埋蔵ができないので、必ず入手しておきましょう。

遺骨相談ドットコムはこんな人におすすめのサービスです!

 遺骨相談ドットコムはこんな人におすすめのサービスです!

こんな方におすすめ

  • お墓がなくて遺骨を自宅で保管している
  • お墓を建てる金銭的余裕がない
  • お寺との付き合いがないため、どうしていいかわからない
  • 永代供養をお願いするには経済的負担が大きい
  • 故人と親族間の仲が良くないため、お墓に入れてもらえない
  • 墓じまいを検討している
  • 子どもたちに墓守の負担をかけたくない

遺骨相談ドットコムでは、あなたに代わって遺骨の供養・管理をしてくれます。

大切な故人の遺骨をやむを得ない理由で、今まで放置してしまっていた人にはおすすめのサービスといえます。

利用してみたいけど不安のある方は、無料で相談を受けてくれるのでまずはその旨を伝えてみましょう。

遺骨相談ドットコムの5つの基本情報【Q&A】

提携先の霊園はどこにあるの?

筑紫野さくら墓苑永代供養塔内合葬墓

郵送した遺骨は、福岡県筑紫野市所在の「筑紫野さくら墓苑永代供養塔内合葬墓」に納骨されます。

アクセス良好でバリアフリー、お参りがしやすい自然あふれる霊園です。

生前の宗旨・宗派に関係なく利用することができますし、通常のお墓同様に自由にお墓参りをすることも可能。

年に1回3月18日に合同供養祭を開催していますし、参加も自由です。

お墓に入っているお骨も送骨ができるの?

お墓に入っているお骨も送骨することは可能です。

この際、長期間墓地に埋蔵されていた焼骨には、汚れの付着や水が骨壺の中に入っている場合があります。

本サービスを利用されるあなた自身で水切りなどを行ったうえで、発送していただくことになります。

また、焼骨の引越しとなるので、自治体の発行する「改葬許可証」が必要となります。

宗旨宗派は問われますか?

宗旨宗派は一切問わないので、安心してご利用ください。

納骨後にお金はかかりますか?

納骨後に別途費用は発生しません。

管理費・永代供養料全て込みの料金となっているので安心してご利用ください。

生前契約はできますか?

本サービスの生前契約はできません。

現在、焼骨をお持ちの方のみの受付となります。

まとめ:遺骨相談ドットコムの申込み~送骨は簡単5ステップでできる!

  • フォームから申し込む
  • 銀行振込の方は返信メールに記載の口座へ料金を振込む
  • 入金確認後に送骨梱包キットが送られてくる
  • 送骨梱包キットが届いたら梱包マニュアルに従い梱包する
  • 梱包が終わったら同封の「ゆうパック着払い伝票」を張り付けて郵送する

遺骨相談ドットコムの申込み~送骨までの手順は上記の5ステップと簡単にできます。

送骨梱包キットの準備もマニュアル通りにすればいいので安心して送骨できますよ。

この際に遺骨のほかに「火葬許可証」または「埋葬許可証」が必要となりますので注意してください。

そのほかにもわからないこと、質問したいことがあれば無料で相談もできるので活用しましょう。

大切な故人の遺骨を供養できないまま、自宅に放置してしまっている状況を一刻も早く解決したいですね。

\ 宗派不問・管理費不要 /

今すぐ遺骨相談.comに申し込む

無料で相談できます

運営者情報 >